デニッキ

XRエンジニア🔰の備忘録・日記です.

Unity 2019.3 からの Oculus Quest セットアップ方法 (XR Plugin Management)


Unity2019.3からこれまでのXR設定方法が非推奨になりました.
これまではこりんさんのブログを参考に設定していました.

Unity+Oculus Quest開発メモ - フレームシンセシス

Built-in XR is depracated and will be retired in a future version of Unity.

ですので,2019.3版のOculus Questのセットアップ方法をまとめます.


非推奨になった経緯

blogs.unity3d.com

Unity2019.3からUnity XR Plugin Frameworkがリリースされたことによる影響です.

Unity has developed new XR plugins for our supported platforms as part of this shift. Additionally, we have deprecated our built-in platform implementations in 2019.3.

Unity XR Plugin Framework

Unity XR Plugin Frameworkについては,こちらのmiyauraさんのqiita記事の3.1節を読むといいと思います.

qiita.com

MRTK2アーキテクチャーを比較・類似して説明されているので,頭に入りやすい.

セットアップ方法

では,早速セットアップ方法をまとめます.

最初に以下のセットアップを行ってからVRアプリを作りましょう.
VRアプリを作った後にセットアップをすると,手順⑥と手順⑧の待ち時間がとても長くなります.
作業時間短縮のためにも最初に実施しましょう.

①[Edit]→[Project Settings]→[XR Plugin Management]→[Install XR Plugin Management]を押下する.

f:id:xrdnk:20200323230938p:plain


②[Oculus XR Plugin]を押下する.

f:id:xrdnk:20200323231132p:plain


③Oculus QuestはAndroidバイスとして扱われます.
 [Android]タブ押下→「+」ボタン押下→Plugin Providersとして「Oculus Loader」をセットする.

f:id:xrdnk:20200323231433g:plain


④XR Plugin Management 直下の[Oculus]をクリック→[Create]を押下する.

f:id:xrdnk:20200323231553g:plain

ちなみに[Input Helpers]をクリックすると,以下のような画像が出ますが,
セットアップをすべて終えた後にOculus Integrationをインストールする場合,無視して大丈夫です.
インストールしない場合は,[Install Legacy Input Helpers Package]を押下する.

f:id:xrdnk:20200323231819p:plain


⑤[Player]をクリック.
ちなみに下記のウィンドウが出てきますが,スルーしてOKです.

f:id:xrdnk:20200323231926p:plain

要は,これまでのXR設定したいならXR SDK Packagesをアンスコしてねということです.
アンインストールをする場合は,Uninstall PackagesをAssetsからインストールして使いましょう.


⑥[Other Settings]→[Graphics APIs]で,[OpenGLES3]を上に,[Vulkan]を下にする.
 あるいは,[Vulkan]をRemoveしてもよい.その後に,[Color Space]を[Linear]にする.

XRLT#3で発表しておりましたDBKさんのこちらのスライドによれば,

docs.google.com

現状、わざわざVulkanを利用する必要性は少ない

とのことなので,現状は[OpenGLES3]を上位にしましょう.次のマイナーアプデ以降でどうなるか.


⑦[Minimum API Level]を[Android 7.1]にする.
(2020.04.25 更新)

ちなみに公式ドキュメントによれば,GoはAndroid 5.0でQuestはAndroid 6.0が最小APIです.
ボクはQuest限定でやっていますが,いつも[Android 7.1]にしてます.
Quest自体はAndroid 7.1で動いている模様なので,合わせることで多少ビルド時間が短縮されます.


⑧[Build Settings]に移動し,[Texture Compression]を[ASTC]に設定し,[Android]に[Switch Platform]します.

f:id:xrdnk:20200323233033p:plain


⑨[Asset Store]で[Oculus Integration]をインスコ,インポートする.
 自分はいつも全部インポートしておりますが,インポートやビルドがめちゃくちゃ遅い.
 特に必要なければ,Oculus/VR以下だけをインポートすると速い.

f:id:xrdnk:20200323233416p:plain

アプリ開発後,Questを繋げて,[Build and Run]します.

もしアプリ名を被せたくない場合は,[Player Settings]→[Player]→[Product Name]でアプリ名を変更しましょう.

ビルドが成功すれば,そのままQuestでアプリが走ります.
一度apk転送が成功すれば,Questの[ライブラリ]→[提供元不明のアプリ]で何度も体験できます.

[Build and Run]ではなく[Build]でapkファイルを生成して,
cmdでapk install (-r) apkファイルでインストールするという方法もあります.


以上です.お疲れ様でした.