TGSVR 2021 行ってきました

TGSVR 2021 行ってきましたー Oculus Quest 2 版です

tgsvr.com

感想です

この方の呟きを見たらだいたい全貌がわかります.

序盤の所,VRHMDで見ると感動しますよ.

以下,スクショ.まだかけらも全部集められていないし,全て回ってないので色々細かい所勉強がてらもう少し回ります.

こういうコンテンツを作ってくださって感謝.尊みの鎌足~~~~~~~~~~~~~~!!!!!!!!!!!!

f:id:xrdnk:20211001225250p:plain

f:id:xrdnk:20211001225350p:plain

f:id:xrdnk:20211001225357p:plain

f:id:xrdnk:20211001225405p:plain

f:id:xrdnk:20211001225422p:plain

f:id:xrdnk:20211001225437p:plain

f:id:xrdnk:20211001225447p:plain

f:id:xrdnk:20211001225502p:plain

f:id:xrdnk:20211001225511p:plain

Unity に PlayFab C# SDK を導入して async / await を利用できるようにする

  • PlayFab
  • コールバック地獄
  • PlayFabSettings.cs でのエラー
  • 対処方法
  • サンプルコード
    • Domain.Login
      • ILoginService
      • PlayFabLoginService
    • Presentation
      • LoginPresenter
      • ILoginView
      • LoginUIView
    • DIContainer
      • LoginLifetimeScope
  • 動作確認
  • 終わりに
  • 参考文献
続きを読む

Spartial Partition パターンを用いたレベルデザインエディタの実装【Game Development Pattern With Unity】

  • Environment
  • Spatial Partition パターン
  • When to Use
  • Design Image
  • Implement
    • Track (ScriptableObject)
    • TrackController
    • Segment と SegmentMarker
  • Test
  • Pros
  • Outro

こちらの書籍の第13章「Implementing a Level Editor with Spatial Partition」の解説です.

続きを読む

Command パターンを用いてコマンド操作のリプレイを実装する【Game Development Pattern With Unity】

  • Environment
  • Command Pattern
  • Intro
  • UML Diagram & Classes
    • Invoker
    • Receiver
    • ICommand
  • Pros and Cons
    • Pros
    • Cons
  • When to Use
  • Implement
    • Invoker
    • ICommand
    • ConcreteCommands
    • Receiver
    • InputHandler
    • Client
    • Flow
  • Test
  • Outro
  • References

こちらの書籍の第7章「Implement a Replay System with the Command Pattern」の解説です.

続きを読む

Feel を使ってみよう【Unityアセット真夏のアドカレ】

  • Intro
  • Feel
  • Demo
  • Tutorial
    • Jump Feel Feedback Movie
    • Land Feel Feedback Movie
  • More Demos

Unity アセット真夏のアドベントカレンダー 2021 Summer!」21日目の記事です.

f:id:xrdnk:20210820233603g:plain © UTJ/UCL

続きを読む

MLAPI が Netcode for GameObjects という名前にリブランディング

MLAPI が 「Netcode for GameObjects」という名前になりました.
GitHubリポジトリの名前も変わっていますね.

github.com

一応今後ブログで MLAPI 関連の記事を上げる時は Netcode for GameObjects にする予定ですが,
既存の記事を変更するのはめんどいな….

ちなみにググラビティサイアクになった気がするが….

メソッドを簡単にインスペクタから呼び出せるエディタ拡張「EasyButtons」を利用する

  • Easy Buttons
  • How To Install
  • How To Use
続きを読む