デニッキ

XRエンジニア🔰の備忘録・日記です.

Windows XR Plugin Remoting (旧 Holographic Emulation / Holographic Remoting)

今回の記事は Windows XR Plugin Remoting についてです.

Holographic Remoting

[Window] > [XR] > [Holographic Emulation] で開けます.
HoloLens 2 で直接デプロイせずに Unity Editor 上で動作確認を行うことができます.

しかし,Windows Editor の動作を HoloLens 2 上で行っているだけであるため,
アセットバンドルのプラットフォームは StandaloneWindows が使われることに注意.
また,HoloLens 2 のハードウェアを利用していないため,QR コードトラッキング等が出来ない.
見え方の確認などに利用する場面が多いと思います.

Build-in XR で VR有効化しないと利用できない.
また, XR Plugin Management で XR有効化している場合,利用できない.

以下のような画面が出てくる.

f:id:xrdnk:20200802153756p:plain

USB 接続版の設定

  • Emulation Mode : Remote to Device
  • Device Version : HoloLens 2
  • Remote Machine : USB接続時に表示されたIPアドレス

その他の設定はデフォルトのまま.

WiFi に接続しているとWiFi 接続版扱いになるため,USB 接続版で利用したい場合は WiFi を切断する.
USB版の方が接続が安定している模様.

WiFi 接続版の設定

  • Emulation Mode : Remote to Device
  • Device Version : HoloLens 2
  • Remote Machine : WiFi接続時に表示されたIPアドレス

その他の設定はデフォルトのまま.

Windows XR Plugin Remoting (旧 Holographic Remoting)

[Window] > [XR] > [Windows XR Plugin Remoting]

2019.3 以降から,Holographic Emulation は Deprecated になっています.
2020.1 から削除予定の模様.XR Plugin Management で XR有効化した場合はこちらを使う.

Device Version がなくなり,完全に HoloLens 1 版は未対応になった感じ?

f:id:xrdnk:20200802153836p:plain

USB 接続版 の設定

  • Emulation Mode : Remote to Device
  • Remote Machine : USB接続時に表示されたIPアドレス

その他の設定はデフォルトのまま.

WiFi に接続しているとWiFi 接続版扱いになるため,USB 接続版で利用したい場合は WiFi を切断する.

WiFi 接続版 の設定

  • Emulation Mode : Remote to Device
  • Remote Machine : WiFi接続時に表示されたIPアドレス

その他の設定はデフォルトのまま.

最後に

Unity 2019.3 以降で XR Plugin Management で XR 有効化している場合は,
今までの Holographic Remoting は使えないので, Windows XR Plugin Remoting を利用しましょう.