デニッキ

XRエンジニア🔰の備忘録・日記です.

Oculus Quest 向け 最適化設定 (1) 【Oculus Quest】

環境

Unity 2019.4.5f1

Oculus Quest VR 設定

こちらを参照.

xrdnk.hateblo.jp

Unity 2019.3 の途中から一部見栄えが変わっているところがありますが結局同じ.

Quality Settings における Rendering 設定

デフォルト設定のままだと,QuestにBuildしたVR画面にはジャギーが目立ちます.

developer.oculus.com

こちらの記事にも書かれておりますが,以下のようにRenderingのところを設定します.

  • Pixel Light Count を 1 にする
  • Texture Quality を Full Res にする
  • Anisotropic Textures を Per Texture にする
  • Anti Aliasing を 4x Multi Sampling にする
  • Soft Particles のチェックを外す
  • Realtime Reflections Probes にチェックする
  • Billboards Face Camera にチェックする


f:id:xrdnk:20200728002523p:plain

画像では Add Quality Level で Oculus Quest 用の独自 Levelを作ってます.

比較

実際に Build して比較してみます.

デフォルト設定

f:id:xrdnk:20200728002659j:plain

一部ギザギザが目立ちます.
そしてなんだか暗いです.

Quest 向け最適化設定

f:id:xrdnk:20200728002702j:plain

デフォルト設定にあったギザギザがなくなり,明暗もわかりやすくなりました.